大和ハウスで割引を狙うには季節が大事

ハウスメーカーとしてかなり知られている大和ハウスは、元々の単価が比較的安いことでも知られています。ただもっと安くしたいと思っているなら、割引を狙う必要があります。割引をお願いすることによって、より安い金額で建築できるようになりますし、ローンの契約が安く済ませられることもあります。

 

 

 

ただ特に理由もなく安くしてくれることが少ないとされているので、基本的にはある条件が絡まないと、大和ハウスで割引を行うのは難しいです。
ここで考えたいところは、季節を意識することです。何もない季節というのは、営業の人も減額できる要素がないと思ってしまいますので、あまり安くなることはありません。

 

 

 

むしろ割引しづらい状況になってしまうことが多いために、成功しない可能性も出てきます。大和ハウスは、意外と決算時期になると割引されることがありますので、この時期を狙って依頼を出してみるといいです。見積もりをしている時に、もっと安く出来ませんかと交渉すると、少しだけ抑えてくれることもあります。

 

 

 

 

もう1つ行っておきたいのは、他社から査定をもらう事によって、安いことを示すことです。大和ハウスよりも他のメーカーが安いことを知っておけば、交渉をする時に割引をお願いすることが出来て、比較的安い価格で住宅を作ることが出来ます。

 

 

 

他のメーカーに取られてしまうことは、営業としてはいいことではありません。何としても大和ハウスで建てるんだというイメージを営業は持っているので、その気持を出させるために交渉することも大事なのです。

 

 

 

 

決算時期になると狙いやすく、更にその時期に他社と交渉をしていることを示しながら、割引を誘導するような方法を採用してください。こうして安くなった金額で契約しておけば、依頼を出す側が有利になりますから、安心して建てることが出来ます。

 

 

 

特に3月は狙い目となっていますので、この時期になったら新築を作りたいことを話して、他のメーカーなども活かして交渉するといいです。