大和ハウスの賃貸物件で太陽光発電!果たして本当に売電できるのか。

 

 

 

 

 

不動産のオーナーの方で、大和ハウスの物件を持っているみなさん、物件の屋根の上に太陽光パネルは設置されていますか?最近、クリーンエネルギーに対する国策が物凄い勢いで進んでいます。国策に乗らない手はありません。不動産オーナーなら、持っている物件に太陽光発電をつけるべきです。

 

 

 

 

 

この太陽光発電、通常自宅で付ける場合は、発電した電力を自宅の電気料金に充当させ、余った金額を売電するというシステムになっています。これで電力の自給自足を狙うわけですが、賃貸物件でそんなことをする必要はもちろんありません。

 

 

 

 

 

物件で得られた電力はそのまますべて電力会社に売電してしまうと考えられる方もいるかもしれませんが、最低限、共用部で使う電力だけはカバーするのが理想的です。

 

 

 

残った電力を電力会社に全て売電して収入を得たとしても、入居者は何も文句を言いません。
更にいうと、共益費の中に共用部分の電力代も含まれているわけですから、電力代金の二重取りをすることも可能となります。

 

 

 

 

 

「太陽光パネルをつけると入居率が悪くなるのでは…?」と心配されているオーナーさん。そもそも、自分の住んでいる賃貸住宅の屋根の上に太陽光パネルがついているついていないで物件を選ぶ人はほとんどいませんのでご安心下さい。

 

 

 

 

 

このように大和ハウスの太陽光パネルシステムを使って売電収入をうまく得ることもでき、更に共用部分にかかる電力代も自給自足することができ、さらに入居者から徴収する共益費で共用部分の電力代を補填することもできます。

 

 

 

 

 

これから先、電力自由化が勧めばよりフレキシブルで魅力的な電力会社が出てくることは間違いありません。電力の買取金額も業者によって差が出てくるはずです。今のうちに持っている物件に太陽光発電機能をつけて、きたるべき完全電力自由化時代に備えて準備をしておきましょう。

 

 

 

 

 

金銭的なメリットはもちろんですし、太陽光発電はクリーンエネルギーですからエコに貢献することももちろんできます。そういった意識が高い方にもおすすめです。